環境に優しい投資!太陽光発電ファンドのしくみ

なぜ環境に優しいのか

太陽光発電が環境に優しいと言われるのは、二酸化炭素などの温室効果ガスを排出せず電気を作り出すからです。日本の発電は現在火力発電や原子力発電が主ですが、火力発電は温室効果ガスを排出しますし、原子力発電は一度事故が発生すると国内のみならず世界的なニュースとなってしまいます。
その点太陽光発電に必要なのは、太陽光を受ける為のパネル設置と太陽光の力のみです。ただ何も苦労することなくパネルを太陽光に当てておけば自動的に電気を作り出してくれます。そこには環境を悪化させる要因はありませんし、むしろ環境保全の為のベストな発電方法と言っても過言ではありません。そのメリットの多さから、太陽光発電は非常に注目されています。

しっかりと還元されるの?

太陽光ファンドは、株の取引のように経験や勘の違いが儲けを左右するものではありません。太陽光ファンドの仕組みを簡単に説明すると、自身が設置した太陽光パネルによって発電された電気を各電力会社に売って儲けるというものです。
ここで、せっかく発電しても電力会社が買ってくれなかったら意味がないと思いがちですが、電力会社は電気を買うという義務が定められているので心配は無用です。ただ、電力会社も無限にお金を渡せる訳ではないので買取の停止ではなく申し込みの停止をすることはあります。これは新たに太陽光ファンドを始める人が電力会社と契約できなくなるだけで、契約を済ませた方は問題ありません。なので太陽光ファンドはなるべく早くスタートしたほうが良いと言えます。